teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今年も背割堤の桜を拝めました♪

 投稿者:ChinaART  投稿日:2017年 4月24日(月)04時10分48秒
  今年の桜祭りは4/1から4/10でしたが、その間一度も晴れませんでした。
ただ、この設定をした役所がバカで、世の中開花遅れをみんなが語っていたにも係わらず、しかも3月29日でつぼみが堅かったのに、こんな日程にするから・・・。

地元民には何の影響も無く、13日の午前中から晴れてくれたので、早速恒例の画像を撮ってきました。
旅行記もアップしてます。

11日の雨天:https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11233099/
13日の晴天:https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11233745/
 
 

おお、柿の実の…

 投稿者:わしわし  投稿日:2017年 1月 8日(日)23時16分43秒
   鳥がついばんだところに詩(うた)がありますね。

 国旗、そういえば最近、掲げる家はめっきり少なくなりました。
 我が家の軒下にも国旗を掲げる受け金具?は設置してあるのだがもう久しく掲げていません。
 というか、国旗どこにしまってあるんだろう?[^^;;

 水仙の後ろの空の青さが目にしみる。
 

それでも新年の絵はこれで?

 投稿者:ChinaART  投稿日:2017年 1月 6日(金)19時40分58秒
  いつも1日の参拝時に通り掛かるお宅に掲げられている国旗です。
今年は参拝出来ないので、これだけを撮りに出掛けてきたり・・・(^灬^。

他は八重咲き水仙(ちょっと時期が早いので少なめ)と、寂れた柿の木の絵で。
 

そうでしたか

 投稿者:わしわし  投稿日:2017年 1月 3日(火)12時21分3秒
   お父様がお亡くなりに…。
 さぞかしご傷心のことと拝察致します。「お悔み」は宗派によっては使えない場合もと聞き及んでいますのでここでは申しませんが、彼岸で安らかにお休みになりますように。

 落ち着かれたらまた珍しい写真を拝見させてください。
 たぶんこのまま日本だけで一生を終えそうなので、海外の写真はとても新鮮です。
 NHKの「世界ふれあい街歩き」も録りだめてめているし…。(しかしたまるばかりでこのまま"完覧"できない予感も)

 本年もよろしお願いします。
 

いますよ♪

 投稿者:ChinaART  投稿日:2017年 1月 1日(日)13時19分3秒
  居ますが、11月に父親が亡くなり喪中なので新年祝えず・・・
でも、今年も宜しくお願いします。

そのために忙しくなって、旅行写真処理が中断してしまいました。
そのため写真が更新出来なくなってしまいました・・・。
落ち着いたらまた始めますので♪
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:わしわし  投稿日:2017年 1月 1日(日)06時34分52秒
   といっても、見ている方はいるのだろうか… {^^;
 

バイバイ、チベットの村

 投稿者:ChinaART  投稿日:2016年 9月18日(日)15時15分2秒
編集済
  モヒカン山ですよね♪
ずっとそう思っていましたが、中国語で「モヒカン」が判らず、当時会話に出せませんでした・・・。
(同行者はみんな中国人なので)

素朴な村に降り立った途端、馴染みは無い筈なのに、その単純だけど兎に角平和な空気感に、
とても安堵を感じさせられます。
少数民族が虐げられているとは言え、普段の生活に変化が無い事は、もしかしたらとても
貴重なのかも知れませんね。


このチベット族の村を出た後、当地の大きい湖を経て、チベット教の学校みたいな寺院を見た後、蘭州へ戻って新疆へ向かいました。
先ずはガーハイ湖の写真から。
湖周辺にある湿地が公園になっています。

画像の直URL。
1枚目→http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/45/18/85/src_45188559.jpg?1472456760
2枚目→https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/14138033_1067208306661088_6462392692310748742_o.jpg
3枚目→https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/14053810_1067208259994426_1182920937292613070_o.jpg
(後方の山脈は祁連山脈です)

今頃になって、中国の同行者とチャットしながら3年前の記憶を辿り、色んな事を掘り起こしながら旅行記を仕上げて居ります。
今回の訪問先に該当する旅行記→http://4travel.jp/travelogue/11163614
(3年も経ってしまった・・・(爆汗)
 

旅行記

 投稿者:わしわし  投稿日:2016年 9月17日(土)20時07分51秒
   改めて眺めるとパノラマの岩山がモヒカン刈りに見える。{^^;

 牛は自主出勤ですか。賢い♪
 そういえばどこぞの畜産農家の紹介の番組で、牛が順番に搾乳機のところに行って自分で乳を搾ってもらってまた寝床に帰る様を見たことがあります。

 どの写真も現地の生活感あふれ、また外国人の私には異国情緒でもありまたどことなく(アジアだから?)懐かしさも覚えるようなショットですね。

 世界のあちこちではこんな暮らしの多くがテロや戦争と隣り合わせになっていると思うと、改めて平和を願わずにはいられない。
 

毎日朝夕通ってる♪

 投稿者:ChinaART  投稿日:2016年 9月14日(水)01時41分18秒
編集済
  朝夕きちんと通ってるようで、ここに到着した日に見た彼らは、
毎日同じ時刻に行き来して居るみたいでした♪賢いですよね。

生活スピードが全然違うので、やたらと新鮮味が感じられました。


3枚目は村の全景パノラマ。
大きな画像のURL→(https://scontent.xx.fbcdn.net/t31.0-8/14067901_1062908837091035_5892920738877059168_o.jpg

この写真を含んだ四虎(4travel)旅行記
http://4travel.jp/travelogue/11161936

http://4travel.jp/travelogue/11162547(←前回の牛はこちら)
 

re:チベット族の村 のどかですね{^_^}

 投稿者:わしわし  投稿日:2016年 9月12日(月)06時13分30秒
   一枚目、まるで山に見守られているかのような暮らしぶりがしのばれ安心感が漂います。
 二枚目、手前の3人の陰のカメラを構えている?のがChinaARTさんでしょうか。{^_^}
 三枚目、わが物顔に街中を闊歩する牛?たち。ちゃんと元の場所に帰るのだろうか?

 うーん…行ってみたい!
 

レンタル掲示板
/156