teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


短編コンペティション作品&したコメサポーター(映画祭ボランティア)募集のお知らせ

 投稿者: 第7回したまちコメディ映画祭in台東  投稿日:2014年 4月23日(水)22時27分56秒
  突然の書込み失礼いたします。
以前も、書き込みをさせていただきました。
2008年11月、東京都台東区において誕生した
日本初の本格コメディ映画祭「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。
このコメディ映画の祭典が、地元のみなさま・多くの映画ファンのみなさまに支えられ、
今年、第7回の節目を迎えます。

現在したコメでは短編コンペティションの作品と映画祭を手伝ってくださるボランティアスタッフを
を募集しておりまして、告知させていただきたく書き込みいたしました。

■短編コンペティション『したまちコメディ大賞2014』----------
上映時間が20分以内の「コメディ」映像作品を募集しております。

◇グランプリ 賞金 50万円
◇審査員:辛酸なめこ、いとうせいこう(「したコメ」総合プロデューサー)他
◇応募締切:2014年6月11日(水)必着

応募規約&詳細はコチラ→http://www.shitacome.jp/2014/compe/

■したコメサポーター(映画祭ボランティア)---------------
したコメをお手伝いしてくださいる<したコメサポーター(映画祭ボランティア)>を
大募集!!
映画祭に中から参加してみませんか??

業務は会場運営や広報アシスタント、USTREAMなど様々。
詳しくはコチラ→http://www.shitacome.jp/2012/supporter/index.shtml#supporter

----------------------

たくさんのご応募お待ちしております!!

第7回したまちコメディ映画祭in台東
2014年9月12日(金)~16日(火)

【公式HP】http://www.shitacome.jp/2012/index.shtml
【お問合せ?zinfo@shitacome.jp

http://www.shitacome.jp/2014/index.shtml

 
 

東洋大学刃物事件は天罰だ

 投稿者:元・S  投稿日:2012年 6月10日(日)21時08分19秒
  東洋大学刃物事件は天罰だ  

起業体験セミナーご案内

 投稿者:株式会社グライドスロープ  投稿日:2012年 2月22日(水)13時42分38秒
  突然の書き込み失礼いたします。
当社は起業セミナーを企画しています。
起業をしたい方
会社選びに迷っている方
会社に入ってライバルと差をつけたい方
こんな方にピッタリのセミナーです。

経営者の視点が身につくので起業でも就職活動でも
企業に就職しても役立ちます。
すべては準備できまります。
このセミナーで皆様も準備をしませんか?

体験セミナー実施!!
日時 2月26日
時間 13:30~
詳しくは下記のURLをご覧ください

http://f-kigyou.com/seminar/seminar01
 

入部してこの作品を映画化したいです

 投稿者:ウオン・スンヒ  投稿日:2011年 4月30日(土)19時11分49秒
  米フリースクールで銃乱射 5人死亡、11人負傷
容疑者死亡か?

[USO]1日2時9分

 カリフォルニア州南部にあるフリースクールで、現地時間の31日、9時ごろ、少年が銃を乱射し5人を殺害し、11人に重軽傷を負わせた。
複数の現地メディアは、犯人の少年は黒いトレンチコートのような服を着ていたと報道。地元警察によると、少年は銃を乱射後に、玄関で銃で自分の頭部を打ち抜き自殺、フリースクールの生徒はすでに避難しており、現場では救急隊員らが対応に当たっている。


職員室でいきなり発砲 倒れた職員にも銃弾を浴びせ続けた 米フリースクールA乱射事件

[ 1日 USO]4時25分

 朝、乾いた銃撃音が、職員室に何十発も鳴り響いた。
 午前9時過ぎに男が、銃を乱射し、職員室は、悲鳴と、血の海とかした。
 いったい何が・・・。事件のあったフリースクールAでは先月も、小火騒ぎや、「一ヵ月後に爆破する」とも脅迫メールがあった。
 生徒の一人は、「小火騒ぎをおこしたり、いきなり部屋で水をばら撒いた生徒がいたので、なにか起きる大変な事が起きるとは思っていた、でもこんな酷い事件になるなんて。」とА新聞の取材に答えた。
 Y・S紙が目撃者の学生の話として伝えたところでは、容疑者の少年は2丁の拳銃を持って、午前9時ごろ、職員室に押し入り、職員を撃ったあと、数十発以上発砲し、最初に撃った職員には、倒れた後数発撃ったという。
 EXニュースが目撃者の話として伝えたところでは、容疑者は10代後半と見られ、二階で銃を乱射した後、三階に上がり、また乱射を始めた。窓から飛び降りた学生もいた。
 教室にいた女子生徒がABに話したところでは、少年は黒いトレンチコートを着ていたという。
 この職員は、床に伏せて死んだふりをして助かったと証言。
 L・T通信によると警察が現場の建物に到着した時には乱射は終わっており、玄関で容疑者の男が死んでいた。PP通信によれば、少年は頭を銃で撃ち抜いていた。
 なぜ小火騒ぎがあった後、ちゃんと警察に届け出なかったのか?との疑問の声が、米メディアに次々と紹介されている。


アメリカのフリースクールで銃乱射、犯人の少年含め、6人死亡 過去に例のない犯行

 4月1日[USO]7時14分

 米カリフォルニア州にあるフリースクールAで、31日午前9時(日本時間同日深夜)に起きた銃乱射事件は、警察の発表によると生徒ら5人が死亡、11人が負傷し、病院に運ばれた。事件後、少年は自殺したという。
 事件のあったフリースクールの記者会見などによると、事件は同日午前9時9分(日本時間深夜2時9分)ごろ、二階の職員室に、銃で武装した少年が侵入し、いきなり無言で銃を発砲、その場にいた、生徒、職員らが死傷し、容疑者は玄関に降りて行き、直後に自殺した。
 EXニュースが目撃情報として伝えたところでは、今回の事件で発砲したのは事件のあったフリースクールの生徒とされ、職員室のドアを開けるなり、銃を立て続けに発砲し、倒れた職員や、生徒にも撃ち続けた。窓から飛び降りた職員もいたという。現場から拳銃2丁が押収された。
 米連邦捜査局(FBI)は16日、「前代未聞の事件で動機は不明、テロの可能性はないだろう」との声明を出した。
 米国内のフリースクールで起きた銃撃事件というのは過去に例がなく、警察も困惑の色を隠せない。


 米フリースクール銃乱射事件
 犯人は事件のあったフリースクールの生徒

4月1日[USO]8時31分

米国のフリースクールAで 1日午前(現地時間)、銃乱射事件が発生、犯人を含み6人が死亡、11人が負傷した。犯人は事件のあったフリースクールの生徒T・M「18」であると確認された。フリースクールの生徒であるT・M容疑者は白人で、3年前からこのフリースクールに通っていた。
目撃者によると容疑者は160センチほどと背が低く、9ミリ半自動拳銃と22口径を所持していた。
T・M容疑者は、両親と事件のあったフリースクールの近くに住んでいると報道した。
政府消息筋は「米国政府が発表した犯人の身元を調べた結果、小学校のときに不登校になり、以後2年以上家に引きこもっていたがわかった」と話した。
 2丁のピストルを持った容疑者はこの日午前9時ごろ、フリースクールに侵入し、職員2人を射殺した。続いて2階に上がり、再び拳銃を乱射した。2階では、4人が死亡、5人が重軽傷を負った。容疑者はその後、玄関に向かうと自殺した。
 生徒の負傷者、Cさんは「容疑者が突然二階のドアを開けて入ってきて、私たちに向かってピストルを乱射した。机の下に伏せて目をぎゅっとつぶっていた。ずいぶん経って「生きている人は手を上げてみろ」と言う声が聞こえ、頭を上げてみると、20人の内、4人が死んでいた」と事件当時のことを証言した。Cさんは容疑者が撃った銃弾で腕に軽いけがを負った。
 この事件で米国社会は衝撃に包まれた。O大統領は声明を発表し「このように前代未聞の犯罪が発生し、米国のすべてのフリースクールと、全社会が衝撃を受けた」と述べた。


<米銃乱射事件> 事件以前のT・M容疑者に問題行動

[ 1日 USO] 9時3分

捜査消息筋によるとT・M容疑者は事件の3ヶ月前に、フリースクールの教室で水をばら撒いたり、小火騒ぎ、さらに、事件の1月前には職員に殴る蹴るなどの暴行をくわえるなどの非正常的な行動や暴力性向を見せていたと伝えられた。
 また、事件の半月前には、突然大声で「核戦争が起こればいい」とか、「ハイチ沖地震が、先進国で起きれば面白い」などの発言をしたり、数学の授業中に突然「アメリカで世界最悪の銃乱射事件が起きればその犯人を支援する会を作ろう」、などと発言しており、職員に注意され、職員は容疑者に、職員の目が常に届く、二階の職員室で過ごすよう、容疑者に指示したが、容疑者は、職員の指示には従おうとせず、事件当日まで、いつものように、3階でパソコンに向かい、一人で過ごしたという。


米フリースクール銃乱射事件 「殺す」「死んで当然の報い」 「犯す」暴力的な文章を機関紙に載せようとした。

4月1日[USO]9時8分

「銃乱射事件の話を聞いた時、とにかく友人のことが心配になった。 そして次に頭に浮かんだのは『犯人は彼に間違い』という確信と、(彼の書いた文章は、今回の事件の予告だったのでは?)との、疑問だった」。
事件のあったフリースクールが、発行する機関紙の編集長をしているMさんは、容疑者が事件の半年以上前に書いて、機関紙に載せるように依頼された文章、「愛国の英雄 ティモシー・マクベイ様へ」と、「悪魔達と使用人」について「悪夢のように残酷で鳥肌が立つような内容で、普通の人間だったら読んだだけで吐き気を覚える」と語った。
「愛国の英雄 ティモシー・マクベイ様へ」はA4用紙10ページくらいの分量で、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の犯人ティモシー・マクベイを「キリストよりも偉大な救世主」と賞賛し、自分は過去にいじめを受け、排除されてきたという、自身のつらい体験や、自身の親や、通っていた学校の生徒、教師達などを罵る言葉がつづられ、最初から最後まで「憎んでいる、殺す、壊す」などの言葉が繰り返され、さらに爆破事件で死んだ被害者達は「死んで当然の報いだ」とか、文章の最後には「いつかはあなたのようなすばらしい事をしてやりたい」と、大量殺人の実行を暗示する記述があったという。
また、「悪魔達と使用人」A4用紙100ページに及ぶ戯曲で、傲慢な主の女性の音楽家とその姉妹達を、主人公の使用人が暴行、拷問し、惨殺した後、屋敷の玄関で拳銃自殺するというもので、わいせつな言葉や、表現が多々あったので、職員と、編集長らはそれを読むとすぐに、容疑者の両親と話し合いをして、文章を機関紙に記載しないことに決定した。
容疑者と文章について話し合った、編集者のCさんは「彼の文章は病的だった。文章について質問をすると、大声で怒鳴られ、暴言をはかれた」と話した。


容疑者の自宅に遺書 「相談した上でやった」

4月1日[USO]10時12分

 アメリカのフリースクールで6人が死亡した銃乱射事件で、犯行後に自殺した犯人が残したとみられる文書が自宅から押収された。
 遺書は紙一枚に書かれ、内容から、犯人が以前から犯行計画を検討していた可能性がある。
犯人は遺書で、「お前らが私のあごをくだいた」、「皆と相談してやったと」綴っている。
 警察は書簡の信ぴょう性について調べを進めるとともに、精神病の可能性や宗教的意味合いなど、専門家の判断を仰ぎ、慎重に捜査を進めている。


-犯人の書いた遺書(全文)-

今日実行した。そうするほかなかった。
今回のことは、皆と相談した上でやった。
 誰も私の話を聞こうとせず、私が正しかったときお前らは無視を決め込んだ。
 私が助けを求め水を欲したら鉛を流し込み、食べ物を求めたら石を食べさせた。
不治の病に感染させられ、窮地に追いこまれた私は、これが最善手だと確信した。
お前たちは私を何世代もから辱めて楽しんだ。
お前たちは、ただできるというだけで、私の舌に釘を打ち焼き切りやがった。
私の顎を砕き、私から言葉を奪った。
お前たちの快楽のおかげで私と、私の兄弟、子ども達は体中をうじに食われ続け、内臓はズタズタに切り裂かれ、いまだ私達の魂を犯し続けている。
こんなことはする必要なかった。黙って排除されることも殺されることもできた。
しかし、私はお前らが何世代にもわたり苦しめた子どもたちのために、これから苦しめるであろう未来ある子ども達のために私は悪魔どもと刺し違え殉教する事にした。
 感謝するがいい、キリストの生まれ変わりである 私と死ねる事を。
 感謝するがいい、私がお前達を自由を履き違えた牢獄から開放する事を。
 感謝するがいい、地獄で神の裁きを受けるしかない貴様らを私が天国に連れて行くことを。
 自分の事しか考えないお前らを、私は全てを捨てて救済したのだ。
 もう思い残す事はない。


米大手新聞社が容疑者の遺書公開を公開したことに遺族達が抗議 日本のフリースクールも

4月1日[USO]11時09分

 米放送局がフリースクールA銃乱射事件のT・M容疑者が書き残した遺書の公開を制限・中断することに決めた。 惨事の衝撃が続く中、商業主義で遺族と子ども達を刺激し、苦しめているというを与えているという非難世論や、「犯人の書を公開したことで、また同様の犯行が繰り返される」との遺族の抗議の声が高まっているからだ。
ABは1日午後(以下、現地時間)、ニュースで遺書を公開し始めたが、非難が相次いでいることを受け、今後一切放送しないとする発表した。
EXも、総括プロデューサーが承認した内容を除く遺書の放送を禁止するという立場だ。
ABは午前のニュースショー「モーニングUSA」で遺書の断片だけを放送、Fニュースは午前11時以降、遺書に関する放送をしていない。
現地メディアは、T容疑者の遺書を公開したABに矛先を向ける雰囲気だ。
 警察と視聴者だけではなく、事件のあったフリースクールと交流のある、日本のフリースクールSの会長、О氏も、「容疑者の一方的な主張が込められた遺書の公開を公開したことは、犯人の目的を達成させ、犠牲者と遺族をもう一度傷つけ、同じようにフリースクールに通う子ども達に恐怖を与えるものであり、ABは犯人の凶行に共犯したとしか言いようがない」たと、ABを強く批判し、またSに勤めるある職員は「(犯人が)暴力的な文章を提出した時点で、退会させるか、警察に通報し、未然に防ぐべきだったのではないか」と語った。
カリフォルニア州警察庁長もこれに関し「ABから遺書公開計画の通報を受けていない」と強調、ABに対する批判は当分続く見通しだ。


T・M容疑者の歩んできた18年とはー
米フリースクール乱射事件

[USO]4月1日 12時25分

 前例のない犯罪者は生まれるのだろうか。それとも作られるのだろうか。米フリースクール銃乱射事件を起こし自殺したT・M容疑者の18年間の人生どんなものだったのだろうか。彼の歩んできた人生を振り返ってみると、所々にその「芽」が育っていた。

◆小学生時代…スポーツが下手だが賢い優等生

 T・M容疑者ははじめから「一人ぼっち」だったわけではない。T・M容疑者が通っていたロスのある小学校の元担任教師は「賢い子供だった」と記憶している。
父方の祖父は「勉強はできたが、病弱だった」と語り、母方の祖母は「いたずらは、めったにしない、いい子だった」と話している。
 2000年、小学2年生の時に、数々の授業で「秀才」と呼ばれた。しかし、スポーツは下手で、それをバカにする生徒もいた。
 また、友達はほとんどいなかった。
 彼のことを覚えている同級生の1人は「一緒にしゃべっていると、彼は突然大声を挙げ騒いだり、怒り出すことがあったり、よく独り言を言っていた」と回想する。

◆中学時代に不登校に あだ名は毛虫

彼は中学生で、学校に行かなくなった。
そのため、他の学生とは違い、アルバムの団体写真に写っているだけで、他の生徒たちと写っている写真はない。300ページ以上もあるぶ厚い高校の卒業アルバムに掲載された彼の写真は、証明写真のような小さなもの1枚だけだった。
 彼が通っていた小・中学校は、ほぼ同じ町内にあるといっていいほど近いところにあったが、「T・M容疑者と親しかった」という同級生は見つからなかった。むしろ彼は「いじめの対象」だった。同級生の一人は「中学の友達が彼を押し倒し、バカにして笑うなど、ひどくいじめられていた。特に、方向音痴なのをいいことに、社会科見学で置いてけぼりにするなどの、いじめを受け、“毛虫 “と呼ばれていた」と話す。中学・で一緒だったBさんは「彼が学校にいた半年間で、彼が大声で怒鳴り散らさない日はなかった。また、授業をさぼり、学校から途中で帰ってしまうこともあった」という。

◆不登校時代時代… 学校の外でもいじめを受ける

不登校になると、全く部屋から出ない日もあった。
 彼の両親は「話しかけても応じなかったり、いきなり怒って、暴言を吐く事もあったし、物を放り投げる事もあった」と語った。
 彼の日常生活は徐々に悪夢と化していった。同級生のS・Xさんは「学校帰りに、彼と書店合った生徒達が、彼が化学の本や、軍事関係の本を読んでいると、彼の同級生が何人かで取り囲んで、彼に対して、 “自爆テロでもするんだろう”“イラクにあったら楽に死ねるぜ”とかからかっているのを何度か見た」と語った。
一人ぼっちになった彼の成長期における生活は、彼の心の中で外部の世界に対する敵対心を膨らませ、倒錯した世界観を形成した可能性がある。

◆フリースクール時代…暴力的な文章「直せ」と指導されてもそのまま機関紙に提出 彼をからかう生徒も

 彼の精神状態は、フリースクールに通うようになり、いっそう悪くなり始めた。
 入学した当初から、暴力的な音楽を繰り返し聴き、暴行描写のある小説を読んだり、一人でパソコンをして独り言を言い、一人で食事をするなど、一人でいることが多く、他の生徒に話しかけることもあったが、なじめず、トラブルがたえず、特に女子生徒にきらわれていという。
 また、彼が話す声が大きく早口なことから、たびたび職員や他の生徒達に注意されたり、そのことを嫌がり、彼をからかう生徒もいたといたという。
さらに彼は皆が好きな映画や、テレビ、スポーツ、芸能人の話題にも興味を示さず、そういう話になると終始黙りこくってしまって、会話から取り残されてしまっていた。
そのため、フリースクールの職員たちが彼に話しかけても、暴言を吐いたり、何もいわず、その場を去ってしまうたこともありたと証言もある。
 職員の一人は、T・M容疑者のことを「変わった子ども」「不良」と記憶している。 職員のN氏は「彼はじけんのあった半年くらい前から、他人に敵対的な態度をとっていて、週に一度開かれる職員と生徒とのフリースクールを、運営、運用を話し合い、活動などを決めたり、新しい講座の提案、その時に持ちあがった話題などを話し合ったりする会議では、いきなり大声で怒鳴り散らしたり、一人でずっとしゃべり続けるため、何度も注意されたし、周りから嫌がられていた」と話す。
 さらに、暴力的でわいせつな内容の文章を読んだり、作り、これを直すよう指示してもそのまま機関紙の載せようと提出し、反抗した。
米国のT大学で犯罪心理学と児童福祉を研究している、O・S教授はPP通信とのインタビューで「学校内の銃撃事件の犯人と、フリースクールに通っている生徒は80%以上がいじめを受けたことがある。歪んだ世界観や極端な攻撃性の形成に影響を及ぼす。」と説明し、また、「学校に通っている生徒の自殺率より、フリースクールに通っている生徒の自殺率のが高いという事実もあり、アメリカで相次ぐ銃乱射事件のように、自身の自殺に大勢の人を巻き込むという事件が、フリースクールが増えているので、そこでも頻発するようになるだろう、T・M容疑者はそのケースの発端ではないか」警告した。


「フリースクールA銃乱射事件」と「バージニア工科大」殺人の共通点 積もる憎悪・予告、前兆つかめず

[USO]15時11分

 フリースクールの生徒T・M容疑者(18)がカリフォルニア州のフリースクールで起こした事件は、2007年4月にバージニア工科大でチョ・スンヒ容疑者=当時(23)=が米史上最悪の32人を殺害した銃乱射事件と、多数の類似性を持つ。T・M疑者は遺書で、チョ容疑者はテレビ局にビデオを郵送して犯行を通告。しかも、周囲や社会は、 大量殺人の予兆を察知することができなかった。
 「暴力的な文章を書いた」「過去問題行動を起こした」。事件前ににこうしたこうした行動をとったT・M容疑者とチョ容疑者は、ともに心に深い闇を抱えていた。
 韓国生まれのチョ容疑者は8歳で家族と米国移住。中学、高校、大学と周囲とはほとんど会話しなかった。英語の発音を周囲にからかわれるなど、人種的な問題も人格形成に影響を及ぼしたという指摘もある。
 大学の戯曲の授業で、義父に虐待を受けた少年がハンマーや電動のこぎりを持ち出すなど残虐な作品を書き、学生寮の自室には「金持ち野郎」などと裕福な学生への憎悪をメモに残していたり、コロンバインコウ高校銃乱射事件の犯人を「史上最も偉大な殉教者」と賞賛し、T・M容疑者も、自身の書いた文章で、残酷な言葉を多々書き、連邦ビル爆破事件の犯人を「キリストよりも偉大な救世主」と賞賛していた。
 また、チョ容疑者は年をとるごとに次第に周囲に口を閉ざしていったが、T・M容疑者は違うとはいえ、不登校になった後、フリースクールに通うようになると、チョ容疑者と同様、周囲になじめず、疎外感と鬱屈(うっくつ)した不満を募らせていた。
「一見普通の子だが、孤独感と現状に対する不満を持ち、他者の自分への扱いが不公平と感じ、憂鬱(ゆううつ)になることで判断力がゆがみ、人生は生きる価値がないと思い、自殺よりむしろ他人の殺害を決意する」。高校生2人が13人を殺害したコロンバイン高校銃乱射事件直後の1999年5月、B大のI教授(犯罪心理学)は下院司法委員会で、大量殺人を引き起こす若者のタイプをこう証言している。
 T・M容疑者もチョ容疑者も、内面の凶暴性が大量無差別殺人として噴出したのは間違いないだろう。
 19口径と22口径のピストルを事前に入手し、キャンパスで授業中の学生や教官に銃口を向けたチョ容疑者。同じ拳銃で銃乱射事件を起こしたT・M疑者。現場は異なるが、殺害行為に固執し、犯行は周到で計画的だった点は同じだ。
 さらに、T・M容疑者が遺書に「そうするほかなかった。」「何世代にもわたり苦しめた子ども達のためにやった」などと、チョ容疑者のテレビ局に送った声明のビデオと同様の言葉を書いていた点は、ビデオの犯行声明をテレビ局に送りつけていたチョ容疑者を彷彿させる。
 社会はこうしたシグナルを察知できなかった。T・M容疑者のフリースクールでの問題行動の犯行予告を警察当局はキャッチできず、チョ容疑者は精神科の治療を受け、凶暴なメモや作品を残していたのに、警察や大学当局は犯行の予兆を見逃し、短銃購入も許した。
 2つの殺人事件は、計り知れぬ社会的衝撃を与えるとともに、凶行の背景に潜む類似性を浮かび上がらせたといえる。
 

さびしい。

 投稿者:サンシャインお松  投稿日:2010年 5月18日(火)11時27分2秒
  最近掲示板の書き込みがなくてさびしいですね。  

おつかれさまです

 投稿者:ふぁいず  投稿日:2009年11月 4日(水)00時26分47秒
  乾巧/半田健人役、仮面ライダーふぁいずです。学祭お疲れさまでした。  

oou!

 投稿者:サンシャインお松  投稿日:2009年 9月30日(水)00時31分29秒
  書き込みありがとうございます!
今度の土日は白山で撮影する予定ですので
是非是非お越しください!
お待ちしております。
 

撮影~ん

 投稿者:五郎  投稿日:2009年 9月28日(月)23時25分39秒
  今度の土日、撮影あるなら





東洋大にいぐ~ん!!
 

おお!

 投稿者:サンシャインお松  投稿日:2009年 9月24日(木)00時53分31秒
  ありがとうございます!
会員一同一生懸命製作中です!
いや~、とにかく疲れます。
 

冒険ロックバット

 投稿者:五郎  投稿日:2009年 9月22日(火)10時07分3秒
  新生特撮研究会が満を持して・・・
いや、珍を持して放つ超大作映画!
降格を覚悟で学園祭には必ず伺います!!
今は亡き、うゆいけしこりほ御大の
遺品を持ってね!
 

レンタル掲示板
/14