teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


PCお釈迦・・・

 投稿者:citron  投稿日:2012年 7月17日(火)21時51分0秒
  過去15年間のデータのほとんどが消失です
まあ初心者と思って一から出直しますわw
 
 

まいく

 投稿者:管理人  投稿日:2012年 3月 4日(日)10時21分15秒
  最近、俗世間のmi〇〇とか twi〇〇〇〇とかばかり見てたので
こちらに訪問できなかったけど、凄い音源がアップされててビックリしました。

最高ですね

良いです!!
 

突然の書き込み失礼します

 投稿者:リッチー  投稿日:2012年 2月28日(火)22時22分16秒
  田中節夫氏の名前でこのbbsにたどりつきました。以前溝渕氏のお宅で田中節夫氏にギターを習っていたものです。田中氏が亡くなられていたということを知らされ大変な驚きを持っています。当時、氏に野辺さんを紹介されギターを作成していただいたり、教室近くの居酒屋で楽しい時間を過ごした記憶があります。田中先生の亡くなられた詳細など教えていただければ幸いです。  

初めまして

 投稿者:citron  投稿日:2011年12月 4日(日)11時29分43秒
  >naokiさん
コメント有難うございます

歴史あるギターは、個人が所有するよりバイオリンのようにプレイヤー以外の篤志家や財団に保有・管理させ、プレイヤーに貸与する、というスタイルの方がいいかも知れませんね

 

シュタウファーの行方

 投稿者:naoki  投稿日:2011年10月19日(水)14時16分8秒
  はじめまして。たまたま音楽雑記帳のページで溝淵浩五郎先生のシュタウファーの事を書かれていたのを見かけましてこちらにたどり着きました。

あのシュタウファーはギター製作家の野辺正二さんに引き取られ、今も野辺さんのお宅にあるはずですが、野辺さん自体は数年前に亡くなられましたので今は同じくギター製作家になった息子さんが持っているのではないかと思います。

ちなみにエンリケ・ガルシアは私の師でもある田中節夫氏が所有していましたが、田中氏も亡くなられ、その後どうなったかは不明です。シュタウファーは触れられませんでしたが、ガルシアは何度も弾かせてもらいました。トルナボス付きのギターで、もう作られて100年近く経つため修理跡だらけ、音量はそんなにありませんでしたが凄まじく美しい音でした。
 

録音は昔ですが

 投稿者:citron  投稿日:2010年12月15日(水)19時24分18秒
  >パパさん
今は無きKヤイリのハカランダスペシャルでのプレイですね
ボディはパーラー並に小振りでしたが、中低音のバランスが良く
ソロギターで弾くのがとても気持ちよかったですね

アレンジはその場の思いつきみたいなアドリブですので
楽譜も書いてないですね(笑)
 

お久しぶりです

 投稿者:enagaパパ  投稿日:2010年12月14日(火)22時49分46秒
  アコギのクリスマス・ソング、とてもいいですね。
私のPCの拙いスピーカーでも、優しい音色がよく伝わってきます。
ギターはモーリスでしょうか。

また、アレンジはcitronさんご自身によるものですか?
 

お久しぶりです

 投稿者:citron  投稿日:2010年 5月10日(月)07時49分39秒
  >杳子さん
ご無沙汰しております
お元気そうでなによりです

僕は今のJAZZよりバッハやモーツァルトの方がずっと自由で変幻自在だと
思います。ショパンやリストでも同じですね

今のジャズの方が、モードはどうだとか、コードはどうだとか意外に
制約が多く、これで本当に「自由な音楽」なのかと疑問に感じることがよくあります

僕が凄いなあと思うのは、例えばシューベルトの魔王、原詩はゲーテです

詩に合わせて(多分)シューベルトが即興的に書いたであろう歌曲は
ある意味ジャズだと思うんですよ

本来、ジャズって言うのは即興的で、洗煉された無駄のない音楽だと思いますが
近年の若手演奏家を見てますと懐古主義とか形式主義に囚われたプレイが目に付きます

フリージャズにせよとは思いませんが、もっと元気あってスイングしているジャズを
聴きたいなあと思います
 

jazzって・・・

 投稿者:杳子  投稿日:2010年 5月 8日(土)13時39分28秒
編集済
  お久しぶりです。
こないだうちから坂本龍一がNHK教育で音楽講座やっていて、初回シリーズは大好きなBACHだったから面白かった。
2回目はjazzだそうで、これもちょっと面白そうなんで見てます。BACHも変幻自在だけどjazzも相当なもんですね。
昔ラジオドラマで、クルト・ワイルの『三文オペラ』もベースがjazzだっていう番組を聴いたことがあります。
ほほーこんなところにまで・・・とびっくりした覚えがあります。
 

いらっしゃいませ

 投稿者:citron  投稿日:2010年 3月18日(木)15時36分27秒
  くろさめさん

コアなクラギの話題にはついていけませんが、ロックギターネタなら
大歓迎です。またいつでも遊びに来て下さい。
 

こんにちは!

 投稿者:くろさめりおん  投稿日:2010年 3月16日(火)18時09分56秒
  mixiからです!
訪問させていただきました!
全パートご自分でなさるとは…凄まじいです。
好きそうな感じの曲もありましたので、これからちょくちょく遊びに来ようと思います^^
ロックギターの人ですので、あまりジャズギターの話ができないのが残念です。。。
よろしくおねがいします!
 

困ったな・・

 投稿者:citron  投稿日:2010年 3月14日(日)08時53分41秒
  なかなかMTRを出して録音する間がない

気持ちばかりが焦ってしまう

以前は毎月のように更新できていたのがウソのようだ
 

坂下拓さん殺害

 投稿者:citron  投稿日:2010年 2月16日(火)18時23分7秒
  若くて将来有望なジャズギター製作家を失ってしまいました。

合掌
 

了解しました

 投稿者:citron  投稿日:2010年 2月 7日(日)17時55分29秒
  mixiにも色々な人がいますからね。
僕もいきなりマイミク切られて、かつアク禁にされたり
当たり前のコメントしただけで延々と何十回も無意味な逆ギレされたりとか
不愉快な思いもしました。
まあネットやってたらしゃあない壁みたいなものですね。

今後ともよろしくお願いします。
 

mixi

 投稿者:まいくすた~んど  投稿日:2010年 2月 6日(土)21時59分26秒
  色々とありまして
今回、退会のボタンをポチっとしてしました。

なんでしょうね~口は災いのもと。。。。でしょうか
いや、小さな親切 大きなお世話って感じでしょうか(笑)

当分は、こちらに書き込みます。
 

近況報告

 投稿者:citron  投稿日:2010年 1月12日(火)06時46分55秒
  筑区と格闘ちう。

録音時間が確保できれば音入れしたいと思います。
 

12月号

 投稿者:citron  投稿日:2009年12月11日(金)00時17分3秒
  中学から高校に上がる頃、こればかり練習してました
初心忘るるべからず

プレイのクオリティはいろいろいありますが
とりあえずことしの〆は別区で。

皆さん、よいお年を。。
 

次回予告

 投稿者:citron  投稿日:2009年11月24日(火)22時13分40秒
  12月号は「別区」に挑戦します
無謀なのは承知の助ですが、あえて玉砕
 

2009年11月

 投稿者:citron  投稿日:2009年11月17日(火)18時29分12秒
  名曲シリーズ

EWFの定番「宇宙のファンタジー」

アレンジは基本的に原曲に近く、ギターアドリブもほとんどありませんが
これを演奏すると、初めてこの曲に出会ったときの衝撃を思い出します

何事も初心忘れるナントカですな(・・・忘れてるっちゅうねん・・)
 

2009年10月

 投稿者:citron  投稿日:2009年10月17日(土)08時53分24秒
  リトナー名曲シリーズ、第二弾

「カリブ船長」です。

録音はMTRを買ってすぐの頃なので、バランス感覚がいまいちですが
「ひとりバンド」が面白かった頃の作品ですね。

名曲シリーズ、と銘打っては見ましたが、実はまだ続編はありまへん。

誰か電子ドラム送って下さいませ~
 

リトナーは

 投稿者:citron  投稿日:2009年 9月11日(金)20時48分27秒
  25歳の時にこれやってるんですよね。
しかも25年以上経って今でも色あせない名曲。
不十分なことばかりですが格闘のし甲斐は十分でした(笑)
 

凄い!

 投稿者:まいくすた~んど  投稿日:2009年 9月11日(金)19時22分57秒
  たまには、こちらに書きこします。

凄いな~最高です!

僕は、リスナーでいいや~(笑)
 

2009年9月

 投稿者:citron  投稿日:2009年 9月 2日(水)07時05分50秒
  リー・リトナー初期の名曲「Captain Fingers」をカバー(笑)

アンソニーのベースは言うに及ばず、何もかも難しい。
リズムユニゾンの部分もオーバーダビングではなかなか合わず
これならバンドでやった方がまだマシかもと痛感しました。
 

2009年7月号

 投稿者:citron  投稿日:2009年 6月27日(土)19時32分9秒
  ~隔靴掻痒マイナスイオン~

今年もうざったいムシムシした夏がやってきました
こんなときは不快な音楽を聴いて、少しでも夏の不快さを忘れましょう
真夏に熱いお茶を飲むと、気温の暑さが緩和されたような気になるってやつです
ゲリラ雷雨が窓ガラスに打ちつける音よりも、暑苦しいセミの声よりも
グダグダの音楽の方が、結果的には涼しくなる(はず)。

今月のイメージは70年代終盤から80年代初頭頃の山下洋輔と渡辺香津美の
フリーセッションです。あ~ドラムセットが無いというのはほんとに不便だ(笑)
 

こんにちは

 投稿者:citron  投稿日:2009年 5月30日(土)11時32分30秒
  杳子さん、お久しぶりです。

アリョーシャの語りは、ギター無しでも楽しめますね。

enagaパパさんは、従前のサイトは閉じられましたが、mixiの方では
お元気にされているようです。
 

おひさです

 投稿者:杳子  投稿日:2009年 5月28日(木)22時49分56秒
  citronさん、こんばんは。
久々に寄らせてもらいましたら、素敵に面白い新曲が。
Jazzと中国語って思いもよりませんでしたが、面白い組み合わせですね。
ここはどこ?私はだれ?という夢遊体験させていただきましたm(_ _)m

ところでenagaパパさんのHPクローズしてしまったのでしょうか?
お元気ならばそれでいいけど。
 

ありがとうございます

 投稿者:citron  投稿日:2009年 4月30日(木)17時04分23秒
  いつも御試聴感謝しております。

まあ僕のやっているのは商業音楽ではないので、好きなようにやらせて
もらってますので、ストレスはないのですが、やはりドラムは
あった方が楽ですし、もっと好き放題できますね。

間奏に男の声が入る作品は過去に聴いたことがあるのですが
美しそうな声の女性の語りとギターを被せるのは未体験でしたので
まあこれはこれで面白い試みかと思いました。

実は、今回の「アリョーシャ」がHPタイトルバックでの公開97曲目なのですが
100曲目は、なんかちゃんとした記念になるような曲にしたいと思っています。
 

(無題)

 投稿者:enagaパパ  投稿日:2009年 4月30日(木)09時03分1秒
  相変わらず素晴らしい音楽だと思います。
アリョーシャと聞くと、ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を思い浮かべてしまいますが(笑)、
でも、こちらのアリョーシャは女性なんですね。
会話が入るのも、Good Ideaです。
 

いいですね

 投稿者:まいく・すた~んど  投稿日:2009年 4月29日(水)11時31分29秒
  素晴らしい!

他に言葉は必要ないです。

恐れ入りました
お洒落ですね。
 

GWに入りまして

 投稿者:citron  投稿日:2009年 4月26日(日)10時23分4秒
  久々に新曲アップです。
アリョーシャは22歳。上海生まれだけれど、父が外交官のため
ロシアを中心にイギリス、ドイツなど各地で過ごす。そのため
中国語だけでなく、ロシア語英語ドイツ語にも堪能な文字通りの才色兼備。
ピアノとバイオリンが得意で、小さい頃からモーツァルトが好き。

今回の「アリョーシャの16分音符」は、彼女のピアノ遊びをモチーフに
やはり毎度の80年代クロスオーバー風のアレンジを施したライト・フュージョン。
間奏部では、ギターソロとアリョーシャの会話(?)が楽しめる

しかし、ドラムセットがないというのはやはり不便なものだ。
 

レンタル掲示板
/5